previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

DAZ3D 日本でフラット-Daz Studio Irayでフラットビルボードを使用する方法を学ぶ (Flat In Japan – Learn To Use Flat Billboards In Daz Studio Iray)

商品詳細

奥行きのある平らな人? DAZ Studio Iray内でフラットビルボードを使用し、完全に「空の」Stonemason Walled Cityシーンを、フラットな人々、ネオンサイン、ランタンで美しく活気のある昼夜のレンダリングに変える方法を学びます。

ビルボードは初期のコンピューターゲームから使用されており、1993年から大ヒットしたオリジナルのDoom PCゲームで大きな役割を果たしました。

今日でも、ビルボードはPCやコンソールゲームで広葉樹、煙、グロー効果に広く使用されており、3Dの小道具やモデルの重要な役割も果たしています。

低メモリやグラフィックカードの電力消費など、多くの利点がありますが、欠点もあります。

DreamlightのベストセラーDaz 3D公開アーティストVal Cameronによるこのビデオチュートリアルでは、Daz Studio Iray内でこれらのエフェクトを日本の風味で使用する方法を学びます。

Flat people with plenty of depth? Learn how to use flat billboards inside DAZ Studio Iray, and turn a completely "empty" Stonemason Walled City scene into a beautiful and vibrant day and night time render with flat people, neon signs, and lanterns.

Billboards have been used since early computer games and played a major role in the blockbuster original Doom PC game from 1993. Even still today, billboards are used extensively in PC and console games for foliage, smoke and glow effects, and play also an important part of 3D props and models.

They have plenty of benefits, such as low memory and graphic card power consumption, but they also come with some downsides.

In this video tutorial from bestelling Daz 3D Published Artist Val Cameron from Dreamlight, you'll learn to use these effects inside Daz Studio Iray, with a japanese flavor.

商品データ

SKU
53605
互換性のあるフィギュア
N/A
作者
対応ソフトウェア
DAZ Studio 4.12