previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

DAZ3D 屋内照明Oneチュートリアルセット (Indoor Lighting Iray Tutorial Set)

商品詳細

屋内でレンダリングされたシーンは、Vickyが電気代を払う余裕がないように見えますか?お使いのコンピューターは、ダンジョンレンダリングを終了させようとして何時間も拘束されていますか?エアロックの銃撃戦で、どの宇宙海兵隊員がどれであるかを見分けるのは難しいですか? Irayエンジンは、レンダーのサーフェスに直接光が当たるほど効果的かつ効率的です。

これは、IrayスカイドームまたはHDRIを使用して、屋外で簡単に実行できます。

しかし、インテリアシーンは多くのDaz Studioアーティストを困惑させ続けます。

このチュートリアルセットでは、Karl Knarrが、「ホタル」タイプのノイズのレンダリングの除去など、目的の品質結果を得るための貴重なヒントやコツを検証します。

3時間のプレゼンテーションを通じて、彼は3つのDAZスタジオセットを使用して、現代、ファンタジー、およびSFシーンで照明を教え、Irayで実際にどのように機能するかを示します。

このコースの対象者アーティスト:インテリアセットの照明を最大限に活用し、レンダリングの時間を節約したい人。

公開されたアーティスト:際立ったプロモーションレンダリングの作成要件DAZ Studio Postworkソフトウェア:PhotoshopまたはGIMPセッション1 1。

1。

Irayが部屋を照らすのが難しいのはなぜですか? 1。

2。

リアリズム対実用性1。

3。

インテリアシーンのレンダリング設定1。

3。

1。

露出1。

3。

2。

ホワイトポイント1。

3。

3。

ガンマ1。

3。

4。

光路長1。

4。

シーンベースの照明を最大限に活用1。

4。

1。

放射面とライト1。

4。

2。

ポイントライトとスポットライトの使用1。

4。

3。

エミッシブを使用した高速レンダリングのコツ1。

5。

芸術的に偽造1。

5。

1。

ジオメトリの非表示1。

5。

2。

Windowsをドレスアップ1。

5。

3。

ライトバウンスの支援1。

5。

4。

もっともらしいゴースト照明セッション2 –ファンタジー、サイエンスフィクション、高度なテクニック2。

1。

非現代的な設定の問題2。

2。

ダンジョンダイビング2。

2。

1。

影を保つ2。

2。

2。

不気味な作り2。

2。

3。

Irayセクション平面–壁2を撮影。

3。

ファイナルフロンティア2。

3。

1。

船体の穴を切る2。

3。

2。

やる気を起こさせるライトの追加2。

3。

3。

Iray Canvases – Postで把握します!プレゼンターについて:Karl Knarr別名JonnyRayKarlの正式なトレーニングはコンピュータープログラミングに関するものですが、2014年からDAZ Studioでチュートリアルを学習および共有しています。

Karlのデジタルアーティストジャーニーと彼のチュートリアルの詳細については、こちらをご覧ください。

Do your indoor rendered scenes look like Vicky can’t afford to pay her electric bill? Is your computer tied up for hours trying to get that dungeon render to finish? Is it hard to tell which space marine is which in the firefight in the airlock?

The Iray engine is most effective and efficient when more direct light is falling on the surfaces in your render. This is easily done in the great outdoors with an Iray skydome or HDRI. But interior scenes continue to stump many Daz Studio artists. In this tutorial set, Karl Knarr goes over valuable tips and tricks to get the quality results you’re looking for, including ridding renders of "fireflies" type noise.

Through three hours of presentation, he uses three DAZ studio sets to teach lighting in contemporary, fantasy, and sci-fi scenes to show how they work in practice with Iray.

Who is this Course for?

Artists : Who want to get the very best from interior set lighting and want to save time with their rendering.

Published artists : Creating stand out promotional renders

Requirements

  • DAZ Studio
  • Postwork software : Photoshop or GIMP

Session 1

1.1. Why is it so hard for Iray to light a room?

1.2. Realism verses practicality

1.3. Render settings for interior scenes

1.3.1. Exposure

1.3.2. White Point

1.3.3. Gamma

1.3.4. Light Path Length

1.4. Getting the most out of our scene based lighting

1.4.1. Emissive surfaces verses lights

1.4.2. Working with point and spot lights

1.4.3. Tricks for faster renders with emissives

1.5. Faking it artistically

1.5.1. Hiding Geometry

1.5.2. Dressing up your Windows

1.5.3. Helping Light Bounce

1.5.4. Plausible Ghost Lighting

Session 2 – Fantasy, Sci-Fi, and Advanced techniques

2.1. Problems with Non-Contemporary Settings

2.2. Dungeon Diving

2.2.1. Keeping the Shadows

2.2.2. Making it Creepy

2.2.3. Iray Section Planes – Shooting Through Walls

2.3. The Final Frontier

2.3.1. Cutting Holes in the Hull

2.3.2. Adding Motivated Lights

2.3.3. Iray Canvases – We’ll figure it out in Post!

About the Presenter : Karl Knarr (AKA JonnyRay)

Whilst Karl's formal training is in computer programming, he has been learning and sharing tutorials on DAZ Studio since 2014. You can read more about Karl's digital artist journey and his tutorials here

商品データ

SKU
66983
互換性のあるフィギュア
No
作者
対応ソフトウェア
No